ゆるのびの来活ブログ

今世ではなく、来世のための活動ブログです。 ゆるやかに のびやかに すべてに感謝  これからは男性も救われる時代 もっと自由に もっとのびのびと  一緒に幸せになりましょ^^

MENU

こうして僕は感謝の道へ(4)~神さまとしか思えない 元妻~

 

本当の愛とは

 

一切の 報いを求めないで 相手に 与えつくすこと

 

自分の思惑を 捨て切って 相手の 自由を尊重すること

 

 

結論から言うと 当時の僕は 本当の愛を 持っていなかった

 

好きだったのに 条件が変わって 嫌いになる愛は 偽の愛

 

愛していたのに 事情が変わって 憎しみになる愛は 偽の愛

 

崩れていくのは 時間の問題だったね

 

 

 

結婚してから もう必死だったよ

 

このままじゃダメだ まともな人間になるんだ

 

安定した仕事に就いて 幸せな家族を 作っていくんだってね

 

塾の講師しながら 大学院に行って 5年間・・・

 

その間に 二人の かわいい子供ができた

 

可愛くって 可愛くって しょうがない!

 

もう 最高に幸せだった^^

 

自分にも 家族ができた! 子供たちのためなら 何でもできる! 

 

無事 就職もして 

 

これから みんなで 幸せになるんだってね!

 

 

  

 でも 妻とは 歯車が合わなくなっていった

 

お互い 相手を非難するようになっていった

 

「頑張ってるのに なぜ?」

 

「気を使ってるのに なぜ?」ってね

 

いろいろあって・・・ 

 

結局 彼女は 子供を連れて出て行った

 

 

 

最初のうちは 怒ってたよね

 

「なぜなんだ! 俺が何をした?!」って

 

「やれるもんなら やってみろ! 

俺は キャッシュディスペンサーじゃない!」ってね

 

「ウゥッウォオオオーーー!!!」って 吠えてた^^

 

そして 真っ暗闇を 経験した・・・

 

目の前が 真っ暗になって 本当に何も見えない

 

夜の暗さとかじゃない 本当の闇・・・

 

 

 

もし 彼女が我慢して 今でも一緒にいたとしたら

 

今のわたしは 決して 存在しなかった

 

今でも 偽の愛を 生きていたと思う

 

自分では ちゃんとできてるって 誤解しながら^^

 

本当の感謝にも 出会えなかったね

 

 

 

だから 彼女には ホントに感謝しかない

 

わたしと結婚してくれたのも

 

わたしから離れて行ったのも

 

最初から わたしを 感謝の道へ 導くために そうしてくれたんだって思う

 

そういう意味で 彼女を 神さまとしか 思えない

 

どうしようもない 馬鹿な自分を 救ってくれた神さま

 

慰謝料も 養育費も 一切なしで 訴えもせずに

 

立派に 子供たちを 育ててくれた

 

ありがとうございます

 

 

ありがとうございます

(次回へつづく)

 

 

 

最後まで読んでいただき ありがとうございます

いいなっと思ったら 読者バーナー ブログ村バーナー ポチっとしていただけたら

励みになります! ありがとうございます!^^