ゆるのびの来活ブログ

今世ではなく、来世のための活動ブログです。 ゆるやかに のびやかに すべてに感謝  これからは男性も救われる時代 もっと自由に もっとのびのびと  一緒に幸せになりましょ^^

MENU

こうして僕は感謝の道へ(2)~若毛の至り2~

  • カロヤンは 心にしみる

  

買ったよ もちろん!

 

「カロヤン ハイ」

 

高校生で・・・   相当悩んだ^^   薬局の前で^^

 

結構高かったな 

 

「カロヤン」じゃなくって 「ハイ」だから 

 

「カロヤンハイ!」

 

一番いいやつ 強力なやつ 2,3千円 したと思う

 

当時の お小遣い 一か月分!

 

恥ずかしくって 親にも言えないし 

 

こっそり 夜中に 自分の部屋で 出すわけね

 

頼みの綱は これしかない!って 最後の切り札

 

 

 

思春期って いろんなものが出るよね 要らないものが

 

ニキビとか そばかすとか いろんな悩みとか 煩悩が

 

この時期に たくさん出すことで 軽くしてもらってるのね 心を

 

心と体の浄化を この時期に 進めてくれてるみたい

 

思春期に どんどん出した方がいい 後が楽になるからね

 

暴走族なんかに入って バリバリ不良やって 

何かのきっかけで

 

ケロって 心を入れ替えて 好青年になった人 

良く知ってるよ

 

溜め込まないで どんどん出した方がいいのよ 

何でも^^

 

 

 

僕の場合 頭がかゆくて かゆくて 

 

どんどん掻くと フケがすごいの どんどん出てくる

 

血が出るまで 掻いてた

 

そこに 夜中の「カロヤンハイ」・・・

 

秘密兵器だったんだけど 最後の砦だったのに

 

一振りかけたら もう・・・!

 

 

「シーーーミィイイイッーーー! 

イタッーーー!!!( ゚Д゚)」

 

 

夜中に 声も出せないんだけど・・・

 

「シーーーミィイイイッーーー! 

イタッーーー!!!( ゚Д゚)」

 

 

心の声が 叫んでる・・・

 

「シーーーミィイイイッーーー! 

イタッーーー!!!( ゚Д゚)」

 

 

 

 

それだけだったね 「カロヤン ハイ」・・・

 

「ハイ それま~で~よ~~」って 古すぎ!^^

 

 

 

  • さらば GIジョー

 

もうちょっと 引っぱろうか 若毛の至り^^

 

この手のネタは どんどん出てくる

 

本人必死だから 余計に滑稽だよね

 

 

 

僕らが高校のとき ツッパリが流行ってたね

 

宇崎竜童の「あんた あの子の 何なのさ」とか

 

矢沢永吉の「ヨルォシクーッ!」とか

 

猫に学ラン着せて「なめんなよ!」とか

 

嗚呼 花の応援団の「クェッー!クェッー!」とか

 

あと 横浜銀蝿の「ツッパリ ロッケンロール」とか

 

 

 

カッコいいんだよね リーゼントとか

 

ジョン=トラボルタの「サタデーナイトフィーバー」みたいな

 

もっと いかついのは パンチパーマとか あてたりして

 

ツッパリが 一つの流行 ファッションみたいになってて

 

よせばいいのに 惹かれるわけ 気持ちが・・・^^

 

「俺も・・・」って 強気のつよじが出てきちゃうわけ

 

「やってみてもいいんじゃない!?」ってね^^

 

 

 

でも もともと毛が薄いし細いしで

 

リーゼントするには ボリューム不足 その自覚はあった

 

パンチも 怖いし 地肌見えそうだし 柄じゃない

 

そこで 目をつけたのが GIカット 

 

知ってる?

 

GIって 米陸兵のことなんだけど

 

スポーツ刈りの前髪をちょっと長めに残して そこにちょっとパーマあてたり

染めたりして さりげなく ツッパるみたいな

 

これならいけそうじゃん!?って 思って

 

デコの広い友達も やってたし! 似合ってたし!って 

 

 

 

まあ じゃあ どれくらい デコ広いのよ? って思うでしょ?

 

言っとくけど 生まれつきだし 広いのは^^

 

高校の友達に「お前、どこまでがデコなんだ?」って聞かれて

 

「全部だよ(怒)!」って即答(笑)

 

中学時代も 「ハゲ」ってあだ名の人が 二人いたけど

 

自分は 免れた 二人のお陰で・・・

 

他にいろんなあだ名はあったけどね・・・

 

あとは ご想像に お任せします^^

 

 

 

それでね 思い切って 床屋やさんに行ったのよ

 

相当悩んだ挙句・・・ 満を持して・・・

 

こっちは 高校生 向こうは 大人

 

椅子に座って・・・ 深呼吸して・・・

 

「あのー GIカットにしてください」

 

 

「似合わんから やめとき」って即答( ^ω^)・・・

 

 

 

相当 悩んだのよ こっちとしては!

 

お金払うのこっちなんだし こっちはお客なんだしって!

 

「わかりました。普通にしてください」って即答・・・^^

 

やっぱり おじさんが正しかったね

 

その話 GIカットの友達にしたら 大笑いされて^^

 

「そっか、そっか!」って 大笑い

 

 

 

なんで こんな話をするかっていうと・・・ 何だったっけ?

 

そうそう こんなに悩んだ抜け毛だったけど

 

そのお陰で 感謝の道に入ることになったのね

 

今思えば・・・

 

で 次回につづく^^

 

 

最後まで読んでいただき ありがとうございます

いいなっと思ったら 読者バーナー ブログ村バーナー ポチっとしていただけたら

励みになります! ありがとうございます!^^